投資用不動産の販売価格が上昇傾向

ファーストロジック,投資用不動産,販売価格,上昇,表面利回り,楽待

市況|2010年07月12日

  • twitter

投資用物件は価格が上昇。それに伴い表面利回りが低下する傾向にある。不動産売買のマッチングサイト「楽待」を運営しているファーストロジック(東京都港区)が7月2日に発表した「楽待物件統計レポート2010年4月~6月期」によると、鉄骨造アパートをのぞき、RC・SRC・木造は利回りが低下した。

投資用区分所有マンションも利回り低下が続いており、前四半期比0・48%低下している。

調査期間は2008年1月1日~2010年6月30日。「不動産投資の楽待」サイトにおいて新規登録された全国の物件を対象に調査した。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  2. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  3. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介件数の動向を調査 ー中編ー

  4. 【クローズアップ】Sumapla、家主と直接つながる部屋探しサイト開設

    Sumapla(スマプラ)

  5. 大和ハウス工業、賃貸リフォーム専門の新会社設立

    大和ハウス工業

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ