関電不動産開発、ホテル複合の賃貸物件竣工

関電不動産開発

商品・サービス|2020年07月24日

  • twitter

賃貸物件とホテルをハイブリッドで供給している

 関電不動産開発(大阪市)は1日、賃貸住宅とホテルを複合させた物件の開業を発表した。ホテルは15日、賃貸物件は8月1日に入居を開始する。

高級家具メーカーとコラボ

 場所は大阪メトロ四つ橋線「肥後橋」駅から徒歩約10分に位置する。S造地下1階、地上16階建てとなる。オフィスビルだった建物を同社が買い取り、建て替えた。1~13階が全212室のホテルで、14~16階を全27室の賃貸物件として提供する。

 賃貸住戸は同社の『エル・セレーノ』のブランドで、家具・家電付きのサービスアパートメントとして提供する。数カ月単位の中長期間滞在を想定し、高級志向の入居者をターゲットに置く。主に外資系企業で日本に勤めている役員クラスや、士業関係者などを想定する。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. タウングループ、悲願の100店舗達成

      タウングループ

    2. 日本財託、都心1R「コロナの影響限定的」

      日本財託グループ

    3. Box Brownie.com、VRステージング大手が日本進出

      BoxBrownie.com(ボックスブラウニードットコム)

    4. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    5. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ