家主のための税務調査の注意点

法律・制度|2020年08月01日

  • twitter

 納税者が正しく税務申告をしているのかを調べるために、税務署の職員が家主の自宅まで実地調査に来ることがある。積極的に節税に取り組むほど調査が入る可能性は高くなる。どんな家主に調査が来るのか、来た場合はどうすればいいのかを解説する。

同族法人によるサブリース注意

 税務調査というのは、納税者が正しく税務申告しているかを確認するために税務署が行う調査のことだ。実地調査では、調査対象者の資産規模と実際の納税額を照らし合わせる目的で訪問しに来る。実際に税務調査を受ける際、顧問税理士がいる場合は税理士を通して電話で通知されるのが一般的だ。通知がされるタイミングは調査開始日の2~3週間前で、調査の日時や場所、対象税目と調査官の氏名、所属などが通知される。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 2020管理戸数ランキング 1083社

    2. トップインタビュー 日本管理センター 武藤英明社長

      日本管理センター

    3. Casa、テナント用家賃保証の新商品

      Casa(カーサ)

    4. AR、VRでセンチュリー21と提携

      AR(エーアール)

    5. 三井ホーム、「家中のワークスペースに不満」

      三井ホーム

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ