シェアハウス経営、成功の方程式変わる(コロナ禍のシェアハウス調査1)

シェア・デザイン, 絆人

企業|2020年09月15日

  • twitter

共用部にワークスペースを完備

コロナ不況もワークスペースで高稼働を実現

 コロナ・ショックはシェアハウス経営の常識も大きく変えようとしている。狭くとも都心へのアクセスがよいシェアハウス人気が薄れ、代わりに郊外の広めのシェアハウスの需要が高まりつつある。理由はテレワーク普及による人々の価値観の転換が進んでいるためだ。この事はシェアハウス経営の改善につながる何らかのヒントを示唆しているとも言えるだろう。詳細がよくわかる成功・失敗例をいくつか紹介する。

シェア・デザイン、在宅勤務増で入居率95%維持

広い共用部の需要高まる

 テレワークで出社数が減って単身者が寂しさを払拭(ふっしょく)するために、あえて住み替え先にシェアハウスを選択するケースが出てきている。単身者の関心をひきつける大きな材料の一つが、共用部のコミュニケーションスペース。ここを充実させて、一度落ち込んだ入居率を回復させた会社がある。都内で950室を管理するシェア・デザイン(東京都目黒区)はその一社だ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  2. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  3. 【その2】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

    リライフ, スタートライングループ

  4. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  5. チームプロモート、QRコードで修繕手配

    チームプロモート

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ