宿泊料の下落が新たな利用層生む(逆境の民泊ビジネス・事業者たちの今2)

matsuri technologies(マツリテクノロジーズ), スイッチエンターテイメント

ニュース|2020年09月15日

  • twitter

 いま利用需要が伸びている民泊は「都市近郊の戸建て」だけではない。宿泊料の下落で、今までにない理由で利用を検討する人が現れ始めた。コロナ感染にかかわる隔離施設としての利用から、お試し一人暮らしなる需要まで出てきた。以下、2社の事例から民泊市場の現状の一端を伝えたい。

matsuri technologies、「一時帰国者」「自主隔離者」取り込む

 民泊運営のシステム開発・運用、コンサルティングなどに加え、800~900室の民泊をサブリース形式で運営もしくは運営代行しているmatsuri technologies(マツリテクノロジーズ:東京都豊島区)は、コロナ禍で生まれた一時的なニーズを取り込むことで収益を確保している。新たなニーズとは、主に一時帰国者や自主隔離の希望者による民泊利用。旅行会社や海外赴任・出張がある法人との提携に加え、『一時帰国.com』『自主隔離.com』といったプラットフォームを展開。今後、利用が増えるであろう技能実習生や留学生を対象とする『入国時自主隔離.com』も用意している。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 日立不動産、M&Aで事業承継

    日立不動産

  2. 【その1】賃貸管理の内容・こだわり、会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸管理編~)

    山一地所, エスト建物管理, 東洋開発

  3. 【その2】賃貸仲介の成約単価・成約率などは会社ごとにどう違う?(仲介・管理会社ノート~賃貸仲介編~)

    リライフ, スタートライングループ

  4. 歩合給「生産性」軸に検討 ハウスコム 田村穂社長【トップインタビュー】

    ハウスコム

  5. チームプロモート、QRコードで修繕手配

    チームプロモート

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ