ANAファシリティーズ、初の自社開発賃貸物件を着工

ANAファシリティーズ

企業|2020年10月20日

  • twitter

物件外観パース

 ANAグループで不動産関連事業を手掛けるANAファシリティーズ(東京都港区)はこのほど、自社開発の賃貸マンションを着工した。2017年に賃貸マンションブランド『BlancCiel(ブランシエル)』を立ち上げているが、自社開発物件は今回で初となる。竣工は21年10月末を予定している。

「年間数棟の賃貸物件開発を進める」

 物件名は未定。福岡市地下鉄空港線「西新」駅から徒歩7分の立地だ。総戸数は40戸で間取りはすべて1LDK、専有面積は約30~40㎡。入居者のターゲット層は本州からの転勤者(法人契約)を中心としたビジネスパーソン。同物件は、9月10日に着工した。『BlancCiel』ブランドとしては5棟目。入居者が家賃を支払うとANAのマイルがたまる点が特徴だ。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【トップインタビュー】ギガプライズ、ネット提供数、年10万戸超増加

    ギガプライズ

  2. 2020 人気設備ランキング発表

  3. 【その4】賃貸仲介の実態、各社ごとにどう違う?

    福重設計, HOMEプロデューサーZERO, ハウジングプラザ

  4. フェイスネットワーク、居住用不動産への投資堅調

    フェイスネットワーク

  5. 大阪府住宅供給公社、団地内にシェアサイクル設置

    大阪府住宅供給公社

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ