【トピックス】原状回復費の保証広まる

学生情報センター, ランドネット, アーバンクリエイツ, Warranty technology(ワランティテクノロジー)

企業|2020年11月27日

  • twitter

 「原状回復費用保証」と銘打ったサービスを導入する管理会社が増えている。オーナーが1戸当たり毎月数千円を支払えば、賃貸物件の原状回復を行う際の出費をなくす、もしくは大幅に減らすことができるサービスだ。4月の民法改正により、原状回復費用について賃借人と賃貸人の各負担が明確化。場合によってはオーナーの負担が大幅に増える可能性が出てきたことでニーズが高まってきた。原状回復費用保証のサービスを始めた会社に、狙いや効果、課題などを聞いた。

メリットは費用負担の平準化

 原状回復費用とは、賃借人が退去した際に、物件を入居時の状態に戻すためにかかる費用のこと。主にクロスや床材、建具の補修や交換などが対象となる。4月に行われた民法改正には、通常損耗や経年変化については賃借人が原状回復の義務を負わない旨が明記された。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 賃貸住宅の浴室特集①

    不動産情報サイト事業者連絡協議会, キッチン・バス工業会

  2. コロナ下で変わる地方移住特集①

    ふるさと回帰・循環運動推進・支援センター, マチモリ不動産, LIFULL(ライフル)

  3. IRIS、LGBT向けの CBRE Global Investors Japanと連携

    IRIS(アイリス), CBRE Global Investors Japan(シービーアールイーグローバルインベスターズジャパン)

  4. レオパレスの建築事務所が行政処分

    レオパレス21

  5. 東京、賃貸5万戸超の供給過剰

    タス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ