賃貸住宅の未来を考えるシンポジウム開催

一般財団法人住宅改良開発公社

企業|2020年11月30日

  • twitter

 一般財団法人住宅改良開発公社(東京都千代田区)は、『第1回シンポジウム~住むだけでなく、その人らしく「暮らせる」集合住宅づくり~』を12月2日にオンラインで開催する。

ブルースタジオ・大島氏ら登壇予定 オンラインで

 同シンポジウムは同法人の設立65周年を記念し立ち上げた、『あしたの賃貸プロジェクト』の第1弾として開催する。このプロジェクトは今後の住宅の在り方を見つめ直し、自分らしく暮らせる住まいの実現のために賃貸住宅に何ができ、どうサポートするかを考えるものだ。

 シンポジウムでの講演1では、東京大学大学院工学系研究科建築学専攻の大月敏雄教授が『日本の賃貸住宅:その来し方と行く末』をテーマに登壇。賃貸住宅の魅力を歴史の中で読み解き、未来の賃貸住宅の行方を論じる。続いて、講演2では、ブルースタジオ(東京都中野区)の大島芳彦専務による『共感の環に育まれる賃貸共同住環境』。講演3では、スペースRデザイン(福岡市)の吉原勝己社長が登壇。『賃貸住宅経営者・管理者の経営ビジョンが、住まいを変える、賃貸を変える、まちを変える』と題し、これまで賃貸住宅の再生や九州各都市の空き家再生プロデューサーと連携し、老朽化した団地や商店街の活性化などを行ってきた吉原氏が、これからのまちや人のための賃貸住宅の在り方を語る。最後に『あしたの賃貸プロジェクト活動報告』を行う。

 時間は13~17時。YouTubeでのライブ配信となる。視聴するには事前予約が必要。参加費は無料。

(11月23・30日10面に掲載)

おすすめ記事▶『公益財団法人日本賃貸住宅管理協会、『日管協フォーラム』参加3千人超』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ