東京カンテイ、コロナ禍が新築市場下押し

東京カンテイ

市況|2020年12月18日

  • twitter

 国土交通省が11月30日に発表した建築着工統計によると、貸家の2020年10月の着工戸数は26043戸で前年同月比11.5%減。26カ月連続マイナスとなった。20年1~10月は前年同期比10.5%減。仮に11、12月が同様のマイナス幅で推移すると、リーマン・ショックや東日本大震災の影響を受けた10~12年に次ぐ低い水準となる可能性がある。この推移をどう解釈すべきか。東京カンテイ(東京都品川区)の井出武上席主任研究員に聞いた。

8年ぶりの低水準の可能性

―2020年の貸家の着工件数は、8年ぶりの低水準になりそうですが、どうみていますか。

 着工数の減少ということでみると施主にとっては市場や経済の先行きが分からないことが大きいでしょう。新型コロナウイルスの感染拡大の影響による緊急事態宣言で移動制限のかかった2カ月間もありました。現在は第3波に襲われ、ワクチンも今後どれだけ普及していくか不透明です。物件を購入しようという意識になりにくいと思います。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  3. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  4. 【トップインタビュー】ハウスコム、宅都買収で計211店舗に拡大

    ハウスコム

  5. 宅都HD、賃貸仲介事業をハウスコムに株式譲渡

    宅都ホールディングス, ハウスコム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ