エポスカード、初期費用のクレカ決済サービス提供

エポスカード

商品・サービス|2021年01月25日

  • twitter

 丸井グループのエポスカード(東京都中野区)は、展開する家賃保証サービスの新メニューとして、入居希望者が賃貸借契約時に支払う敷金、礼金、仲介手数料、前払い家賃などの初期費用をクレジットカードで決済できるサービスを始めた。正式名称は『すみかえ応援クレジット』。

指定カードで手数料率1.5%

 対象は、エポスカードの家賃保証サービスを導入している賃貸管理会社の管理物件。支払い回数は1回から24回まで選択でき、決済金は管理会社の指定口座に2~4営業日後に入金する。保証料、家財保険料などは対象外だ。エポスカードを持っていなくても個別信用購入あっせんで利用可能。

 初期費用のクレジット払いについては、管理会社が支払う手数料負担がハードルとなり普及しづらい側面がある。今回のサービスでは、決済時にエポスカードを利用すれば、手数料率を1.5%に抑える。他社サービスの手数料率より安くして利用を促す。入居者にはエポスカードで初期費用や月々の家賃を支払うことで、決済額の0.5%のポイントが付与されるメリットもある。

 申し込みの流れは、まず「家賃保証申込書」と「入居申込書」の記入後、管理会社が決済用IDとQRコードを入居者に送る。入居者はスマートフォンでQRコードを読み取り、必要事項を入力すれば契約できる。業務の効率化にも寄与する。

 エポスカードの家賃保証サービスは、2019年度の年間新規契約者数は約18万人という。

(1月25日2面に掲載)

おすすめ記事▶『ツクルバ、丸井グループと賃貸リノベで協業』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  2. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  3. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  4. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【前編】

    トレジャールーム, 中島住宅

  5. 大東建託、首都圏トップはみなとみらい線

    大東建託

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ