管理会社に聞く入居者対策①【前編】

絹川商事, タクシン不動産

企業|2021年02月16日

  • twitter

同社の賃貸仲介ブランド『rooms』の野々市市中央支店外観

 賃貸管理事業では、自社管理物件での入居率の維持・向上が欠かせないが、考え方や取り組み方は会社によって異なる。地場企業2社の事例を紹介する。

絹川商事、「家主にニーズを知ってもらう」

空室対策提案の中で情報を提供

 管理戸数約2800戸の絹川商事(石川県野々市市)では、2018年4月、オーナー向けに空室対策の提案を行う専門部署を設立したことが入居率93%の維持に役立っている。部署名は『家主担当課』だ。設置前と比べて相続に関する相談や、建物修繕の依頼が増えたという。修繕などは管理物件の競争力強化につながるだろう。『家主担当課』では管理部と違い、賃貸借契約や更新手続きなどの事務手続きは行わない。その分、オーナーとのやり取りに時間をさく。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【後編】

    平和建設, ウチダレック

  2. 【繁忙期速報】1~2月中旬の賃貸仲介契約の動向を調査 ー前編ー

  3. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  4. 管理会社に聞く入居者対策 -リフォーム提案編-【前編】

    トレジャールーム, 中島住宅

  5. 大東建託、首都圏トップはみなとみらい線

    大東建託

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ