KabuK Style、多拠点居住サービス利用者、1年で8倍に

KabuK Style(カブクスタイル)

ニュース|2021年04月06日

  • twitter

『HafH Goto The Pier』の共用部

 毎月定額で国内外の宿泊施設に住むことができる多拠点居住サービス『HafH(ハフ)』を提供するKabuK Style(カブクスタイル:長崎市)が、2020年の1年間で、前年から8倍の登録者を獲得した。新規登録者のうち、会社員が45%を占め、前年比12%増となった。リモートワークにおける仕事場利用の宿泊施設として、需要が高まっている。その他の利用者は、フリーランスが24%、学生が13%と続く。

会社員のリモートワーク利用が12%増加

 同社が直営する共有リビングとワークスペースを備えた職住近接の拠点となるコリビング型の施設のうち、20年4月に長崎県五島市にオープンした『HafH Goto The Pier(ハフゴトーザ・ピア)』では、新しい働き方を求める会社員の利用も増えているという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 賃貸住宅の浴室特集①

    不動産情報サイト事業者連絡協議会, キッチン・バス工業会

  2. コロナ下で変わる地方移住特集①

    ふるさと回帰・循環運動推進・支援センター, マチモリ不動産, LIFULL(ライフル)

  3. IRIS、LGBT向けの CBRE Global Investors Japanと連携

    IRIS(アイリス), CBRE Global Investors Japan(シービーアールイーグローバルインベスターズジャパン)

  4. 大和ハウス、5年後に売上300億円目指す

    大和ハウス工業

  5. イタンジ、入居状況を自動回答する機能、提供

    イタンジ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ