KabuK Style、多拠点居住サービス利用者、1年で8倍に

KabuK Style(カブクスタイル)

ニュース|2021年04月06日

  • twitter

『HafH Goto The Pier』の共用部

 毎月定額で国内外の宿泊施設に住むことができる多拠点居住サービス『HafH(ハフ)』を提供するKabuK Style(カブクスタイル:長崎市)が、2020年の1年間で、前年から8倍の登録者を獲得した。新規登録者のうち、会社員が45%を占め、前年比12%増となった。リモートワークにおける仕事場利用の宿泊施設として、需要が高まっている。その他の利用者は、フリーランスが24%、学生が13%と続く。

会社員のリモートワーク利用が12%増加

 同社が直営する共有リビングとワークスペースを備えた職住近接の拠点となるコリビング型の施設のうち、20年4月に長崎県五島市にオープンした『HafH Goto The Pier(ハフゴトーザ・ピア)』では、新しい働き方を求める会社員の利用も増えているという。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング発表、賃貸住宅管理業適正化法の施行は有償管理拡大の好機

    2021年管理戸数ランキング

  2. リクルート、単身者がほしい設備ランキング

    リクルート

  3. 50位日本住宅流通、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

  4. 賃貸住宅管理業適正化法施行で高まる建物管理の重要性

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  5. 8位東急住宅リース、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ