阪急阪神不動産、西宮北口で大型複合施設建設に着手

阪急阪神不動産

ニュース|2021年04月13日

  • twitter

賃貸住宅の共有部のラウンジ(成瀬・猪熊建築事務所提供)

 阪急阪神不動産(大阪市)は、3月23日、賃貸住宅、テナント、商業施設が一体化した地上14階建て複合施設への着手を発表した。賃貸住宅の共用部にはテレワークに対応したワークスペースを設け、入居開始は2023年9月を予定する。

14階建て 商業、テナント、住居一体

 階層ごとに機能を分け、1~3階が駐輪場を含む商業施設、4~9階がテナント、10~14階が全112戸の賃貸住宅になっている。共有部に入居者が自由に利用できる共有スペースを設けた点が特徴だ。ワークスペースの他ラウンジを設けた。

 専有部は単身者の入居を想定しワンルームや1Kの間取りをメインとしている。テナントは教育関連施設の入居を、商業施設には飲食や物販店舗の入居を見込む。

 神戸本線「西宮北口」駅直結の場所で、RC造の建設を予定する。「西宮北口」駅南東エリアは同社が開発を進めてきた地域だ。

(4月12日2面に掲載)

おすすめ記事▶『阪急阪神不動産、チャット相談サービス開始』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

  5. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ