ペット飼育禁止で苦情 解約を求める際の注意点

【連載】弁護士が解説!クレーム対応Q&A

法律・制度|2021年07月21日

  • twitter

Q ペット飼育禁止なのに飼育する入居者がいて苦情が来ています。対応方法を教えてください。

A 注意しても是正されない場合は解約可能。ペット禁止の賃貸住宅で、動物などの飼育を禁止する条項に違反してペットを飼っている賃借人が再三にわたる注意をしても飼育をやめない場合、賃貸人としては契約違反を理由に契約を解除することが可能だ。

 契約解除を求める際に、ポイントは二つある。一つ目は被害の程度だ。ペット飼育による建物の汚損や棄損などが発生したことが明確な場合や、鳴き声がうるさくて他の入居者から苦情を受けているなどの場合は、実害があるとみなされ、貸主と借主に「信頼関係の破壊」が認められる。信頼関係の破壊が認められると契約解除が可能になる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. 【SI被害弁護団】不正融資でスルガに新たな賠償請求

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

  3. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  4. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  5. 賃貸住宅の問い合わせが多かった条件・設備調査

    アットホーム

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ