ホワイトホームズ、外国人向け賃貸を日本人仕様に

ホワイトホームズ

リフォーム・リノベ|2021年07月30日

  • twitter

洋室に敷かれていたカーペット

 管理戸数約1400戸のホワイトホームズ(東京都大田区)は、外国人向けに設計された物件をリノベーションすることで、日本人入居者の住みやすさを向上させた。家賃を3万円アップしたうえで、施工前に入居者が決まった。施工費は解体費込みで約550万円だ。

賃料3万アップし入居決まる

 改修した物件は東急池上線「雪が谷大塚」駅から徒歩8分の場所に位置している「チェリーハウス」だ。木造2階建ての戸建て賃貸住宅で、築年数34年。間取りは4SLDKで、総敷地面積は179.68㎡になる。

 建築当初は外国人が入居しており、テナントの入退去があった後、広めの戸建て賃貸を探していた50代夫婦から問い合わせを受けた。だが設備や間取りが外国人向けのままだったため「住みやすく改修してもらえれば入居する」と言われたことから設計を見直しリノベーションを行った。

 リノベーションを行った後、家賃は35万円から38万円にアップ。先述の夫婦へ設計案を見せたところ、入居を承諾したという。

 外国文化を前提にした設計を日本人向け住宅に直した点が特徴。例えば、外国人は土足文化を持つ場合が多く、フローリングを歩くと床を傷つける可能性がある。そのため床にカーペットを敷いていたが、それをフローリングに変えた。また、二つある3点ユニットのうち一つは、浴室と洗面台に分離し、トイレを撤去した。

フローリングの写真

手入れのしやすいフローリングに変更

 一方で、手をいれず残した点もある。玄関やサニタリースペースに設置されたクラシックな照明器具は古くとも部屋の雰囲気に合うと判断し、残したという。

照明器具の写真

クラシックな印象を残すため照明器具は交換しなかった

 営業部の持田美紀係長は、「住みやすさを向上させつつ、外国人住宅のレトロな雰囲気を残した。施工前から入居を決めてもらうことができたことで、営業力よりも、商品力が重要と感じた」と話す。

(7月26日27面に掲載)

おすすめ記事▶『ホワイトホームズ、汚部屋を女性向け物件に』

検索

アクセスランキング

  1. 【資格紹介】賃貸業界で使える!不動産関連資格15選

    一般財団法人不動産適正取引推進機構,一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会,IREM JAPAN,国土交通省,NPO法人日本ファイナンシャル・プランナーズ協会、一般社団法人金融財政事情研究会,一般社団法人ホームステージング協会,東京商工会議所,一般社団法人相続診断協会,公益財団法人日本賃貸住宅管理協会,一般社団法人家族信託普及協会,NPO法人日本ホームインスペクターズ協会,一般財団法人職業技能振興会,公益財団法人不動産流通推進センター一般財団法人日本不動産コミュニティー,一般社団法人投資不動産流通協会

  2. 節税保険、包囲網狭まる

    金融庁,マニュライフ生命保険,渡邊浩滋総合事務所

  3. GATES、メタバースで賃貸仲介店舗

    GATES(ゲイツ),ANAP(アナップ)

  4. Mysurance、未加入や更新漏れを解消

    Mysurance(マイシュアランス),損害保険ジャパン

  5. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】グループ会社とのトータル管理をアピール

    日本住宅流通,カンエイ,大和ハウス工業,神崎建設工業

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ