ホワイトホームズ、外国人向け賃貸を日本人仕様に

ホワイトホームズ

リフォーム・リノベ|2021年07月30日

  • twitter

洋室に敷かれていたカーペット

 管理戸数約1400戸のホワイトホームズ(東京都大田区)は、外国人向けに設計された物件をリノベーションすることで、日本人入居者の住みやすさを向上させた。家賃を3万円アップしたうえで、施工前に入居者が決まった。施工費は解体費込みで約550万円だ。

賃料3万アップし入居決まる

 改修した物件は東急池上線「雪が谷大塚」駅から徒歩8分の場所に位置している「チェリーハウス」だ。木造2階建ての戸建て賃貸住宅で、築年数34年。間取りは4SLDKで、総敷地面積は179.68㎡になる。

 建築当初は外国人が入居しており、テナントの入退去があった後、広めの戸建て賃貸を探していた50代夫婦から問い合わせを受けた。だが設備や間取りが外国人向けのままだったため「住みやすく改修してもらえれば入居する」と言われたことから設計を見直しリノベーションを行った。

 リノベーションを行った後、家賃は35万円から38万円にアップ。先述の夫婦へ設計案を見せたところ、入居を承諾したという。

 外国文化を前提にした設計を日本人向け住宅に直した点が特徴。例えば、外国人は土足文化を持つ場合が多く、フローリングを歩くと床を傷つける可能性がある。そのため床にカーペットを敷いていたが、それをフローリングに変えた。また、二つある3点ユニットのうち一つは、浴室と洗面台に分離し、トイレを撤去した。

フローリングの写真

手入れのしやすいフローリングに変更

 一方で、手をいれず残した点もある。玄関やサニタリースペースに設置されたクラシックな照明器具は古くとも部屋の雰囲気に合うと判断し、残したという。

照明器具の写真

クラシックな印象を残すため照明器具は交換しなかった

 営業部の持田美紀係長は、「住みやすさを向上させつつ、外国人住宅のレトロな雰囲気を残した。施工前から入居を決めてもらうことができたことで、営業力よりも、商品力が重要と感じた」と話す。

(7月26日27面に掲載)

おすすめ記事▶『ホワイトホームズ、汚部屋を女性向け物件に』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング①1~50位

    2021年管理戸数ランキング

  2. ケネディクス、日本初の不動産STO公募

    ケネディクス, 三菱UFJ信託銀行, SBI証券, 野村証券, TMI(ティーエムアイ)総合法律事務所

  3. ビレッジハウス・マネジメント、新規の直接契約9割がオンライン

    ビレッジハウス・マネジメント

  4. 住宅市場での賃貸需要の高まりと所得格差の2極化

    【連載】アメリカ不動産事情 第86回 2022年に向けての不動産市場

  5. オータス、不動産クラウドファンディングのプラットホーム提供開始

    オータス

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ