コロナ禍の影響は?エリアルポ~京都編・後編~

京都ライフ, 京都ベストホーム

企業|2021年08月21日

  • twitter

短期貸しに変更した賃貸住宅の内装

 日本有数の観光地でインバウンド需要が高く、大学や専門学校が数多く立地する京都市をはじめとした京都府の賃貸マーケットは新型コロナウイルス下でどのような影響を受けたのか。京都市、京田辺市、宇治市に拠点を構える不動産会社4社と家主に取材した。

マンスリーへの転用が奏功

京都ベストホーム、法人需要が下向きもマンスリー転用で好転

 管理戸数1750戸の京都ベストホーム(京都府京田辺市)は、コロナ禍の影響により法人仲介が鈍化。それをカバーするため借り上げている賃貸物件をマンスリーマンションやウイークリーマンション(以下、総称して短期賃貸とする)として提供したことで売り上げの下落を回避することができた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

  4. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  5. アパマン爆発事故、和解成立

    アパマンショップリーシング北海道, 北海道合同法律事務所

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ