導入メリットが大きい電子契約 手間、時間などを大幅に削減

【連載】デジタル時代の不動産ニューノーマル 第9回

法律・制度|2021年11月06日

  • twitter

 前回までは、賃貸業界のDX(デジタルトランスフォーメーション)浸透とそれに伴う新しいビジネスモデルについて語った。それらが急加速する背景に、2022年の5月に施行を控えているデジタル改革関連法案に伴う賃貸借契約の電子化がある。このタイミングで本格的なデジタル化を進めていこうと考えている企業は多い。

 電子契約の導入はメリットが大きい一方、実際に運用に乗せるまでに課題もある。来たるDX時代の幕開けに備えて、現状の契約業務の課題に対して電子契約がどういった効果をもたらすのか、そして電子契約の導入を阻害する要因と対策について解説していきたい。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『DXで変わる不動産の収益構造 オンライン接点の活用がカギに』

検索

アクセスランキング

  1. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  2. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  3. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

  4. ニッソウ、個人事業主から年商28億円へ

    ニッソウ

  5. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ