火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

ニュース|2021年11月19日

  • twitter

 火災保険を不正利用した賃貸住宅の修繕が問題化している。10月25日には逮捕者まで出る事態となった。家主はコンサルティング会社の話をうのみにせず、代理は家主自身が行うなどトラブルを回避するために正しい知識と対応が必要だ。

相談件数は20年度5447件と倍増

 10月25日に、不動産会社の社長、リフォーム会社の社長と社員の3人が弁護士法違反で警視庁に逮捕された。逮捕の理由は、2019年1月16~28日にかけて、18年の台風24号による災害を原因とする賃貸住宅の修繕のために、保険金申請を3回にわたり家主に代わって行い、報酬を受け取ったことだ。被害レポートの作成といった資料作成には資格は不要だが、代理申請は法律業務に当たるので、弁護士法に抵触したという容疑がかけられている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 2021年賃貸経営管理士受験、過去最多の3万人超

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会, Kenビジネススクール

  2. 東急、定額制住み替えサービス第2弾開始

    東急

  3. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  4. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  5. 大和ハウス工業など大手で賃貸住宅建築が復調

    大和ハウス工業, 大東建託, 積水ハウス, 旭化成ホームズ, スターツコーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ