オーナー側の有責義務

【連載】サチ ハワイのアロハ通信 No.122

その他|2022年01月15日

  • twitter

 アロハ、ハワイからこんにちは。

 ハワイでは、8月から9月にかけて新型コロナウイルス感染者数の増加により、2回目となる自宅待機・在宅勤務を8月27日に発表しました。本来は、9月10日まででしたが、感染数の増加を恐れ、9月23日まで延長となりました。

保険加入でオーナー負担軽減

 新型コロナウイルスにより、自宅で過ごす時間が多くなり、家でケガをする人が増えています。ケガをした人の自己責任もありますが、アメリカの賃貸物件の場合、ライアビリティ(liability)により、持ち主の責任になる場合があります。日本人には、なじみがないかもしれません。そこで今回は、ライアビリティについてお伝えします。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『新型コロナ禍のハワイ売買事情』

検索

アクセスランキング

  1. 共立メンテナンス、学生寮でメロン栽培

    共立メンテナンス

  2. 賃貸住宅フェア2022セミナーレポート

    リーガルスムーズ

  3. 印紙代、年2000万円以上を削減

    FJネクスト,ベルテックス,ジャパンリアルター,GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

  4. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】約10棟分の家賃アップ成功事例資料で受託営業

    イムズパートナー,コーエー住宅

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ