重要事項説明【宅建試験解説】

【連載】2021年宅建試験まるかわり解説

法律・制度|2022年01月16日

  • twitter

Q.IT重説は貸借の媒介だけに認められるの?

A.売買・交換であっても認められます。

なぜ契約する前に説明が必要なの?

 ひと昔前(1967年以前)は、宅地建物取引業法(以下、宅建業法)には重要事項説明の規定はありませんでした。

 購入者などに宅地建物取引に関する知識が乏しいにもかかわらず、取引物件などに関する重要な事項を明確かつ十分に説明しないまま取引を進め、契約が成立した後に、都市計画法などの公法上の制限、抵当権などの第三者の権利その他の事項について当事者の認識の違いが紛争の火種となっていました。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『媒介代理契約【宅建試験解説】』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  2. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  3. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  4. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

  5. ハウスメイトパートナーズ、「マイメロ」コラボ賃貸、満室に

    ハウスメイトパートナーズ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ