媒介代理契約【宅建試験解説】

【連載】2021年宅建試験まるかわり解説

法律・制度|2022年01月16日

  • twitter

Q.売買の仲介の依頼を口頭で受けても大丈夫?

A.契約書面を交付する義務があります

なぜ仲介は書面が必要なの?

 宅地建物取引業法で規制されるまで、不動産流通業界では長年にわたって口頭による媒介委託が通例でした。宅地建物取引業者(以下、宅建業者)が、客に取引物件を紹介、現地案内しても、この行為が売買などの媒介委託に当たるのかどうかはっきりせず、宅建業者との間でいつの段階でどのような内容の媒介契約を締結したのか、報酬額の約定がされたかどうかなど、契約関係が不明確でした。そのため、紛争は後を絶たず、また委託者が宅建業者から紹介を受けた取引の相手方と直接取引(抜き取引)した場合には訴訟になるケースも多数ありました。

 そこで、1980年の法改正により、書面化が義務付けられました。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『営業保証金【宅建試験解説】』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 全国賃貸住宅新聞【紙面ビューアー】閲覧用URL一覧

    全国賃貸住宅新聞 紙面ビューアー

  2. 【日本情報クリエイト、リアプロ買収】両サービスのデータを連携

    日本情報クリエイト

  3. 管理士移行講習未修了者が2割、申し込み締め切りまであと2週間切る

    一般社団法人賃貸不動産経営管理士協議会

  4. スルガとの交渉進まずSI被害弁護団

    スルガ銀行不正融資被害弁護団

  5. ハウスメイトパートナーズ、「マイメロ」コラボ賃貸、満室に

    ハウスメイトパートナーズ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ