建築途中の家屋は再評価の価値あり

【連載】事例に見る相続税還付

税務・相続|2022年03月05日

  • twitter

 今回は、建築途中の家屋における評価見直しの事例を紹介します。

 通常、家屋の評価は、固定資産税の評価額に一定の倍率(1.0倍)を乗じて算出します。大変簡単な評価方法なので、通常、この計算が誤っていることはほとんどありません。しかし、問題は相続開始日に、家屋が建築途中だった場合です。そのような場合、その家屋には計算の基となる固定資産税の評価額が付けられていません。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『土地評価での路線価方式と倍率方式の差』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ