事業用財産の見直しで還付金が発生

【連載】事例に見る相続税還付

税務・相続|2022年03月06日

  • twitter

 賃貸アパートを経営する家主は、毎年の確定申告で構築物や建物の付属設備(例えばクーラーなどの空調設備、電気設備や給排水設備など)を財産として計上していると思います。同様に、相続税でも、構築物や建物の付属設備を事業用財産として、財産に当たる価値があれば計上する必要があります。

 今回は、こういった財産の評価誤りが相続税還付に結び付いた事例を紹介します。

 これらの財産は大きく見ると、下記の三つに分類されます。ここで、それぞれの評価方法を見てみましょう。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『広大地評価の要件を見直す』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ