全宅管理会員6500社突破

一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会

その他|2022年04月16日

  • twitter

令和4年度事業方針説明会に出席した佐々木会長

 一般社団法人全国賃貸不動産管理業協会(以下、全宅管理:東京都千代田区)は5日、「令和4年度事業方針説明会」を開催した。6月で賃貸住宅管理業適正化法施行から1年を迎える。これを踏まえ、全宅管理の会員の過半数が賃貸住宅管理業登録社となることを目指して、入会促進と標準化を図ることを今年度の活動方針の一つに掲げた。

令和4年度事業方針説明会を開催

 会員数は3月31日時点で6507社。今年度内に累計会員数が1万社となる見通しだ。全国にある支部の設置数は28件。設置の承認を得ているエリアを加えると30件となり、引き続き全国の都道府県に支部を設置することを推進していく。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『管理業務に3つのレベルを設定【賃貸住宅フェア2021・東京セミナーレポート】』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 日本情報クリエイト、100億件のビッグデータ活用

    日本情報クリエイト

  4. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  5. 富士リアルティ 永松秀行社長 木造建築強みに、売上13億円

    【企業研究vol.248】富士リアルティ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ