【水回りをアップグレード・前編】機能と意匠、両取りで人気

パナソニックAWエンジニアリング,朝日リビング

商品|2022年05月23日

  • twitter

 新型コロナウイルス下での衛生面や居住性に対するニーズの高まりから水回り設備が注目を集めている。オーナーにとっては投資額が高く、住宅設備の中でも優先順位は低くなりがちだが、ほかの物件との差別化のポイントになる商材だともいえる。使い勝手の良さに加え、デザイン性の高さ、居住スペースの確保に配慮した商品を紹介する。

3点ユニット解消 過去最高の出荷台数

 住宅設備の販売・施工を行うパナソニックAWエンジニアリング(東京都品川区)は、2005年より3点ユニットを分離し、トイレとシャワールームを独立させる「SHOWER&POWDERⅡ(シャワーアンドパウダーツー 以下、S&PⅡ)」を提供している。21年度では、過去最高の出荷台数を記録し、賃貸物件でのリフォームを中心としつつも、新築物件やホテルなど非住宅での引き合いも伸びている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

関連記事▶【水回りをアップグレード[前編][後編]】

検索

アクセスランキング

  1. 最高裁判決、公社の家賃改定に一石

    最高裁判所,神奈川県住宅供給公社

  2. 全国賃貸管理ビジネス協会、シンポジウムを開催

    全国賃貸管理ビジネス協会

  3. 大和ハウス賃貸リフォーム、買取再販本格化 年商400億円へ【新社長インタビュー】

    大和ハウス賃貸リフォーム

  4. Facilo、12億円調達 機能と支援拡充

    Facilo(ファシロ)

  5. 穴吹ハウジングサービス、建物メンテナンスの研修

    穴吹ハウジングサービス

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ