規制緩和で強制立ち退き可能

【連載】アメリカ不動産事情 第95回 アパートオーナー向けイベント

投資|2022年06月09日

  • twitter

 4月末、ロサンゼルス(LA)地区を対象とするアパートなど賃貸物件オーナー向けイベントに参加した。新型コロナウイルス禍で2年ぶりの開催となった。会場のホテル大広間では200人余りのアパートオーナーが集い、立ち退き規制などで収益悪化に苦慮する意見が多く聞かれた。

好景気で全額現金買い約4割

■コロナ禍終焉に向けた家主の心得

 LA市を中心に強制立ち退き案件を多く手がけるB弁護士からポストコロナ禍対策や立ち退き規制の緩和報告があった。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『自然災害の多発などで保険料増加』

検索

アクセスランキング

  1. セレンディクス、24時間で完成する住宅登場

    セレンディクス

  2. 【進む不動産DX】導入事例5社から学ぶ、現場の効果

    プロパティワコー,ワークデザイン,ニーリー,リブライフマーケティング,アセットコミュニケーションズ,ジョイフルマネージメント,WealthPark(ウェルスパーク),アセットリード,スマサポ

  3. 在宅勤務者や動画配信者が室内に防音部屋を導入、レンタル20%増

    ヤマハミュージックジャパン,ピアリビング,三司商事,リクルート

  4. 元「かぼちゃの馬車」全1万5000戸にスマートロック導入

    ビットキー

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ