自然災害の多発などで保険料増加

【連載】アメリカ不動産事情 第94回 賃貸物件事故での保険適用

投資|2022年05月03日

  • twitter

 2022年の年明け以降、米国内では1982年以来の高いペースでインフレが加速している。賃貸物件の管理費用では家主負担の水道代を含む光熱費に加え、固定資産税と保険料の動向に留意する。とりわけ地震や豪雨など自然災害の多発からオーナー保険料金の上昇が予想される。

家主負担で10%値上げ避けられず

保険料金の引き上げ

 昨年発生したウッドショックにみられる建材不足による建築コストの上昇が、21年以上に懸念されている。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『住宅価格上昇、LAで13%アップ』

検索

アクセスランキング

  1. 共立メンテナンス、学生寮でメロン栽培

    共立メンテナンス

  2. 賃貸住宅フェア2022セミナーレポート

    リーガルスムーズ

  3. 印紙代、年2000万円以上を削減

    FJネクスト,ベルテックス,ジャパンリアルター,GA technologies(ジーエーテクノロジーズ)

  4. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】約10棟分の家賃アップ成功事例資料で受託営業

    イムズパートナー,コーエー住宅

  5. 高齢者向け見守りサービス、1年で2倍伸長も。低価格化で導入

    R(アール)65,東京ガス,ホームネット

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ