【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

エコホームズ

企業|2022年06月23日

  • twitter

 「管理受託営業」の取り組みを調査。今回はセミナー開催で受託獲得につなげている会社を紹介する。

参加者の2割から管理受託

 管理戸数2700戸のエコホームズ(大阪市)では、他社管理、自主管理オーナー向けのセミナーを開催し、新規の管理受託につなげている。2021年4月〜22年3月の純増数は155戸。

 オーナーは投資家系が8割、地主系が2割で、管理エリアは大阪府と兵庫県だ。

エコホームズの会社情報

 同社では空室対策セミナーを開催することで、新規オーナーを獲得。セミナー経由の管理受託は、全体の受託数のうち2割程度を占める。14年ごろから開始し、月に1回の頻度で開催。会場はセミナールームを借り、定員は30人程度。セミナーは2〜3時間ほどで、講師は大野勲社長が務める。

 内容は同社がこれまで行ってきた空室対策の事例紹介が中心だ。実際に入居率が改善したことをアピールでき、空室に悩むオーナーから管理の依頼を受けている。元々、対面で行っていたが、新型コロナウイルスの感染拡大以降はウェブセミナーを企画し、50人ほどを集めた。セミナーの集客については、外部のセミナー告知サイトなどを活用している。

 大野社長は「開催のたびに肌感覚で参加者の2割程度のオーナーから管理を受ける」とセミナーの効果を実感している。

エコホームズ 大野勲社長の写真

エコホームズ
大阪市
大野勲社長(46)

 

 (2022年6月20日7面に掲載)

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 【レオパレス問題】借り上げ家賃請求裁判、一審は家主勝訴

    レオパレス21,ことぶき法律事務所

  2. 【賃貸管理会社の経営分析 ~受託営業編~】空室対策セミナーで新規獲得

    エコホームズ

  3. 民泊、回復の兆し

    MASSIVE SAPPORO(マッシブサッポロ),カソク,Airbnb Japan(エアビーアンドビージャパン)

  4. 入居を後押しするホームステージング~前編~

    ハウジングロビー,カグカス,一般社団法人日本ホームステージング協会

  5. 【2代目家主座談会・後編】リーシング力も期待

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ