顧客データ活用し離脱点発見 社員のオペレーションを改善

【連載】デジタル時代の不動産ニューノーマル 第31回

統計データ|2023年08月11日

  • twitter

 今回は、システム選定・浸透・効果最大化を進めた後のDX(デジタルトランスフォーメーション)人材が、より精度の高い業務改善サイクルを回すためのデータ分析・活用方法について事例を用いて解説していきたい。

 システムの導入後に効果の最大化を図るためには、データに基づき、自社の課題や、改善余地があるポイントを分析し、データの変化を捉えながら仮説検証を進めていく必要がある。

分析で改善点発見

 例えば、CRM(顧客情報管理システム)を利用して顧客データを管理している前提で、賃貸仲介事業に課題がある企業について考えてみる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『人ならではの業務にシフト 働き方多様化で採用力向上』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ