三井住友海上火災保険/ライナフ、置き配の盗難を補償

三井住友海上火災保険,ライナフ

商品|2023年11月12日

  • twitter

ライナフの滝沢潔社長(右)と、三井住友海上火災保険公務第二部日本郵政室の町田雄一課長

 大手損害保険会社の三井住友海上火災保険(以下、三井住友海上:東京都千代田区)は10月24日、スマートロックを用いた置き配サービスを提供するライナフ(東京都文京区)と協業し、置き配向けの保険の提供開始を発表した。置き配した荷物が盗難に遭った際に補償を行う。利用者の置き配に対する不安の解消とともに、再配達削減による配送効率の改善を目指す。

新保険で2社協業

 運送会社を対象に、補償対象とするのは運送会社が置き配を行った、EC(電子商取引)サイトなどを通じて購入した物品だ。置き配完了後、盗難により物品がなくなった場合は保険金を支払う。その際、警察への盗難届の提出が支払い条件となる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『三井住友海上火災保険、日本情報クリエイトと連携』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  3. フジ住宅、中古住宅価格見直し 減収減益

    フジ住宅

  4. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  5. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ