大規模修繕工事の提案資料にドローンを活用

日本エイジェント

管理・仲介業|2023年11月20日

  • twitter

ドローンで撮影した建物の画像 屋根の補修が必要な箇所をすぐに確認できる

イベント撮影など広報部門での活用も検討

 1万7000戸を管理する日本エイジェント(愛媛県松山市)は建物の点検にドローンを活用し、大規模修繕工事の提案資料に生かす。

 2021年から管理物件の建物点検にドローンを利用し始め、23年11月10日までに約20棟でドローンによる撮影を行った。人の目では確認しにくい2~3階建てのアパートで、勾配が急な屋根の状態や、マンションの外壁のクラック(亀裂)の確認などのために利用することが多い。そのほか、赤外線画像により、屋根の塗装劣化のほか、ソーラーパネルの不具合も損傷部位と周囲との温度の違いから、早期発見につなげることができる。入居者の困りごとに対応する部署である、えひめレスQセンター、ビルマネジメント課の小島一洋アシスタントチーフは「屋根の上や隣の建物の陰になって人の目では直接確認できない部分を簡単に点検できる点が大きなメリット」と話す。

ドローンによる赤外線カメラ画像

ドローンによる赤外線カメラ画像。発熱している箇所はタイルが浮いている可能性がある

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『留学生の秋需要、回復鮮明』

検索

アクセスランキング

  1. LPガス法改正、方針示す

    経済産業省

  2. JR東日本、不動産の新会社

    JR東日本,JR東日本不動産

  3. LPガス、7月から法改正

    経済産業省

  4. ロフトコーポレーション、ガレージアパート事業に注力

    ロフトコーポレーション

  5. 日本情報クリエイト、リアプロを吸収合併

    日本情報クリエイト,リアルネットプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ