レプス、SNSで不動産小口化商品を訴求

レプス,アンビシャスホーム

投資|2022年06月06日

  • twitter

SNSアカウントの炎上確認ができる管理画面

 不動産小口化商品の管理・運用システム開発を行うレプス(京都市)は、主に不動産会社向けにSNSによる集客に対するサポートを2020年10月より行っている。

出資金5300万円集める

 不動産小口化商品の集客方法としてはオウンドメディアが多いが、オウンドメディアの読者にしか出資情報が届かないことがある。SNSを使うことで、集客の間口を広げ、より多くの投資家にリアルタイムで訴求することが可能。一方で、不適切な情報を発信すると瞬く間に拡散され信用を損なう「炎上」が起きるなど、運用には注意が必要だ。レプスの集客サポートは炎上対策を行いながらアカウントの閲覧者を獲得する。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『不動産小口化ビジネス最新事情③』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. 大手不動産会社で入社式

    レオパレス21,大東建託グループ,ハウスメイトパートナーズ,APAMAN(アパマン),常口アトム,武蔵コーポレーション,TAKUTO(タクト),三好不動産

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ