【企業研究】vol.093 明豊エンタープライズ 梅木 隆宏 社長【トップインタビュー】

明豊エンタープライズ

企業研究|2021年01月23日

  • twitter

明豊エンタープライズ 梅木 隆宏 社長(60)

 低層階の投資用アパート『MIJAS(ミハス)』の開発・販売を軸に年間74億円を売り上げているのが明豊エンタープライズ(東京都目黒区)だ。1968年の設立後、マンション開発で事業を拡大し、2004年にJASDAQ(ジャスダック)へ上場。その後、リーマン・ショックで経営の危機に陥るも、アパート開発に軸足を移すことで再び業績を盛り返すことに成功した。同社の梅木隆宏社長に事業戦略について聞いた。

投資用低層アパートを6年で100棟竣工

グループ年商99億円 デザイン力が強み

―20年7月の決算では、グループで年商99億円、単体で74億円の実績を上げました。主力商品の『MIJAS』について教えてください。

 『MIJAS』は、低層階の投資用アパートです。6年前に販売を始め、20年10月に100棟目を竣工しました。子会社に明豊プロパティーズ(東京都目黒区)という管理会社があり、グループで開発から販売、管理までを一貫して行っています。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2021年管理戸数ランキング発表、賃貸住宅管理業適正化法の施行は有償管理拡大の好機

    2021年管理戸数ランキング

  2. リクルート、単身者がほしい設備ランキング

    リクルート

  3. 50位日本住宅流通、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

  4. 賃貸住宅管理業適正化法施行で高まる建物管理の重要性

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  5. 8位東急住宅リース、管理戸数増加の理由とは?

    2021年管理戸数ランキング

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ