YOLO JAPAN、外国人向け賃貸ポータルサイト開設

YOLO JAPAN

ニュース|2020年09月14日

  • twitter

『YOLO HOME』のポ ルトガル語の検索画面

 外国人向けの求人情報を提供するYOLO JAPAN(ヨロ ジャパン:大阪市)は8月18日、多言語で物件を検索できる外国人向け賃貸住宅情報サイト『YOLO HOME(ヨロ ホーム)』を公開した。英語・ベトナム語・ポルトガル語・中国語・韓国語・日本語の6言語で検索でき、8月21日の時点で約5万件の物件情報を掲載している。

契約時の通訳サービスも提供

 同サイトは、賃貸仲介を手掛けるダイキチカバーオール(大阪市)を介して、物件について問い合わせをしてきた外国人を代理店となる不動産会社へ送客する仕組みとなっている。契約時にはタブレットを使ったビデオ通話で通訳サービスも提供する。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 東急、不動産運営事業を子会社へ移管

    東急

  2. 【特別リポート】緊急事態宣言、部屋探し店舗の集客の影響は軽微?一都三県の4社に聞く

    平和不動産, Nexture(ネクスチャー), タキナミネクスト, イーアス不動産

  3. 【特集】賃貸仲介の「来店成約率」どう高める?(1/全3回)

    エル・ディー・ケイ, FPR(エフピーアール)

  4. 賃貸仲介のヴィダックス、『TikTok』で集客成功

    ヴィダックス

  5. 東建コーポレーション、オンライン仲介を本格稼働

    東建コーポレーション

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ