ZEHマンションの開発進む

三菱地所レジデンス,ENEOS(エネオス)不動産,明豊エンタープライズ,一般社団法人環境共同イニシアチブ

建築|2023年03月04日

  • twitter

三菱地所レジデンスが着工したZEHマンションの外観イメージ

 省エネルギーが可能なZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)賃貸マンションの開発事業を拡大するデベロッパーが増えている。

年4棟以上の計画も

 三菱地所レジデンス(東京都千代田区)は2月1日、同社では初となる関西エリアでのZEH賃貸マンションを着工した。太陽光発電パネルを設置し、自家発電した電力を共用部で活用する。

 同物件は大阪メトロ御堂筋線昭和町駅から徒歩約7分の場所に位置する。全72戸のRC造で12階建てだ。専有部は24.31~50.86㎡の1K~2LDKを予定している。家賃は未定。

 同物件は断熱材を使用するほか、太陽光発電パネルを設置し省エネ仕様とする。エントランスホールや共用部にある入居者専用のコワーキングスペースで使用する電力を自家発電で賄う。

 昭和町駅の周辺はスーパーや病院があり、生活利便性が高く、多くの企業がオフィスを構える梅田駅や新大阪駅、天王寺駅などのターミナル駅と直通だ。そのため、駅周辺の企業に勤める単身者を中心に、カップル、ファミリー層の入居を想定している。

 土地の取得、建築はENEOS(エネオス)不動産(神奈川県横浜市)が担う。

 同社は今後、京阪神を中心に年4~5棟のZEH仕様の賃貸・分譲マンションを開発していく。

 収益用一棟マンションの開発・販売を手がける明豊エンタープライズ(東京都目黒区)は、2月10日付けで「ZEHデベロッパー登録制度」の認定を受けた。断熱性能の高いZEH仕様のマンションを、年1棟のペースで開発する。

 ZEHデベロッパー登録制度とは、経済産業省が主導する住宅の省エネ化促進の取り組みだ。認定は、経産省とタッグを組む一般社団法人環境共同イニシアチブ(東京都中央区)が行う。ZEHマンションの開発目標の設定や、ホームページなどでの公表が認定要件となる。認定後、環境共同イニシアチブが公募するZEHマンション開発のデベロッパーに選ばれ、公募内容通りのZEHマンションを建築した場合に補助金が支給される。

 同社は断熱性の高い壁式構造でのマンション開発を進める。壁式構造とは、柱や梁を用いずにコンクリートを再生利用可能な型枠用合板に流し込み強度を保つ構造のこと。断熱性を高めることで冷房や暖房などの電力消費量抑制を狙う。

 事業企画室の杉本圭司室長は「柱や梁を使わないため、入居者にとって家具の配置がしやすい点が訴求要素となる」と話す。

 2030年までの3期内それぞれで開発を目指す。

(2023年3月6日2面に掲載)

おすすめ記事▶『グローバル・リンク・マネジメント、機関投資家に992戸一括売却』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ