住宅地10年ぶりに上昇

国土交通省

市況|2018年04月02日

  • twitter

平成30年公示地価

国土交通省は3月27日、平成30年の公示地価を発表した。全国の住宅地平均が0%から0.3%と10年ぶりに上昇。雇用や所得環境が改善する中で、利便性の高い地域を中心に地価が回復している。

東京都23区全体では、3%から3.9%の上昇となった。全区において上昇が続く。マンション用地需要が引き続き堅調なことなどから、上昇幅がプラスで昨年より拡大した。大阪市では、0.5%から0.6%の上昇。市内中心部のマンション素地需要は堅調に推移し、地価上昇を牽引している。

名古屋市では、1.2%から1.3%の上昇。特に中区では、マンション素地需要が堅調で、上昇幅が昨年より拡大した。
地方圏は、0.4%の下落から0.1ポイントの下落となり、減少傾向は落ち着いた。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【関東版】賃貸仲介ランキング2021・トップ10

    チンタイバンク, リビングギャラリー, のうか不動産

  2. レジデンシャル ペイメント、元警察官による入居者トラブル対応、8万契約突破

    レジデンシャルペイメント

  3. 管理会社に聞く入居者対策①【前編】

    絹川商事, タクシン不動産

  4. 管理会社に聞く入居者対策①【後編】

    マエダエステート, 村上不動産

  5. データで見る相続問題

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ