差し押さえ物件が14%に急増

【連載】アメリカ不動産事情 第109回 不動産市場で差し押さえ増加

投資|2023年08月11日

  • twitter

 米国経済は米連邦準備理事会(FRB)による利上げ継続で、今後も青息吐息の状況が想定される。日本では1990年代のバブル期以来の最高値を更新する株価が注目され、不動産市場も堅調さがうかがえるが、米国経済に連動した先行きに不安もある。

価格下落でローン残高上回る

 2023年度も下期に入り、欧米ではさらなる金融引き締めが実施される中で、新規受注の減少から一般企業の業績悪化が懸念される。

金融市場落ち込み 業界の再編が進む

 米国では低い失業率から国内景気は堅調とする安易な見方もあるが、現状はリセッションに向け、景気悪化が深刻化している。23年3月に発生した地方銀行の破綻は吸収合併でしのいだが、その後も多くの銀行では預金流失が増加し、財務内容が悪化している。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『賃貸専用戸建てがトレンド』

検索

アクセスランキング

  1. 51%が管理物件の家賃値上げ

  2. トラスト、投資物件再販で売上13億円超【注目企業インタビュー】

    トラスト

  3. タイセイ・ハウジー 赤間健一郎社長 社宅代行強み、管理7万5675戸

    【企業研究vol.238】タイセイ・ハウジー

  4. 埼玉県川口市、宅配ボックス設置義務化

    埼玉県川口市

  5. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ