グローバルトラストネットワークス、特定技能の本格稼働は2020年

グローバルトラストネットワークス

法律・制度|2020年04月12日

  • twitter

 外国人労働者の新たな在留資格が創設された「改正出入国管理法(以下、改正入管法)」の施行から1年がたった。賃貸業界では、増える外国人労働者の住まいの需要増大が期待されていたが、実際はまだ準備が整わず、大きな動きはないようだ。今回は外国人向け家賃債務保証サービスを主軸に外国人の生活サポートを行うグローバルトラストネットワークス(東京都豊島区)の後藤裕幸社長に現状を聞いた。

留学生ビザ発給が厳格化

新制度に各国が反発

 「改正入管法で新設された『特定技能』と呼ばれる在留資格者の受け入れは、今年になってようやく動き始めた状況だ」

 特定技能受け入れの現状について、グローバルトラストネットワークスの後藤裕幸社長はこのように話す。遅れている理由は、国内・国外ともに運用が追いついていないためだ。その原因は、国内では運用基準とルールの詳細が決まっていなかったことが、国外では日本に「技能実習生」を送り出していた各国の反発に交渉が難航していることが挙げられる。

  • 検索
  • 会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 賃貸管理業法ついに成立

    2. コロナ不況最前線 アパート家賃滞納「じわり」発生

    3. 朝日不動産、ウェブセミナーを開催

      朝日不動産

    4. Labo、外国人実習生向け物件着工

      Labo(ラボ)

    5. モダンスタンダード、高級賃貸でも「部屋数」重視

      モダンスタンダード

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    • RSS
    • twitter

    ページトッップ