賃貸住宅フェア2023 in 東京 出展者紹介

ナカノ,セキュラ,365LIFE(サンロクゴライフ),トーソー,OSD

商品|2023年07月12日

  • twitter

 全国賃貸住宅新聞社では、7月19・20日に東京ビッグサイトで「賃貸住宅フェア2023 in 東京」を開催します。ここでは開催に先立ち、当日の出展企業の商品・サービスをピックアップして紹介します。

ナカノ/セキュラ、ごみステーション、自動で施錠

持ち去りや不法投棄を防止

 ステンレス製品の製造を手がけるナカノ(富山県黒部市)は、集合住宅などに提供しているごみステーション「DUSPON(ダスポン)」シリーズに電子錠を組み込んだ新商品を開発した。

 商品名は「Intelligent(インテリジェント)DUSPON HIGH SLIM(ハイスリム)」。1日より提供を開始した。電子錠メーカーのセキュラ(山口県下関市)が展開するオートロック機能付き電子錠「MYLOCK(マイロック)」を製品の扉部分に取り付け、ごみの廃棄後に扉を自動で施錠する。

Intelligent DUSPON HIGH SLIMの画像

扉を横にスライドすることで、ごみを高く持ち上げなくても中に入れることができる設計だ

 電子錠は、任意で設定する暗証番号や専用のICカードで解錠する。各戸のドアにもMYLOCKを取り付けている物件の場合、同じICカードでごみステーションの扉を解錠できる。複数の鍵を持ち歩く必要がないため、入居者の利便性を下げることなくごみの持ち去りなどへの対策が可能だ。

 個人情報の保護が重要視される中、第三者が家庭ごみをあさったり持ち去ったりする行為への対策は必要性を増している。オートロック機能によりごみステーションの使用者を制限することで、住人以外によるごみ投棄の防止や美観の維持も期待できる。管理者やごみ回収事業者にも解錠用カードの貸与や暗証番号の共有をして運用することを想定する。

 ナカノの中野隆志社長は「入居者に対して安全性の向上が図れる点は、管理物件の付加価値になる」と話す。製品サイズは幅1050㎜、高さ1220㎜、奥行き470㎜(容量500リットル)と、高さ・奥行きが同じで幅が1250㎜(容量600リットル)の2種類で展開。販売価格はそれぞれ500リットルが38万8740円から、600リットルが39万8970円から(いずれも税込み)となる。

 セキュラの藤井英定社長は「エントランスや宅配ボックスにも同じカードで解錠できる電子錠の取り付けが可能だ」と製品連携における利点を語る。

365LIFE、壁・床のパース画像を提供

リノベーション時に活用

 不動産ポータルサイトの運営や仲介事業を手がける365LIFE(サンロクゴライフ:静岡県浜松市)は7日、リノベーションプランのダウンロードサービス「Design Market(デザインマーケット)」の運営を開始した。

 壁や床のデザインを組み合わせた3D(3次元)パース画像を提供する。管理会社を主な提供先とし、原状回復やリノベのデザイン案として活用してもらう。提供するのは、3Dパース画像3点とオーナーへの提案書のフォーマットだ。提案書には壁・床材のメーカー名・品番を記載。提供する施工例は約80種類ある。管理会社は「ホテル調」や「アメリカンスタイル」など、任意のコンセプトから選ぶことができる。キャンペーン価格はワンルームで2750円、1LDKからは5500円(いずれも税込み)だ。

ダウンロードできる3Dパース画像

ダウンロードできる3Dパース画像

 管理会社では、管理担当者が自ら壁や床のデザインを考案しているケースがある。その場合、デザインのノウハウがなく、壁・床材の選定に時間がかかったり、オーナーへの提案資料の作成に手間取ってしまったりする。Design Marketでは、デザイナーが考案したパターンをダウンロードするだけで、原状回復やリノベの提案資料に必要な情報を入手することが可能だ。管理会社は、オーナーへの提案資料の作成にかかる時間を削減し、修繕業務の効率化を図ることができる。

トーソー、アルミ製の室内収納バー

軽量鉄骨へ取り付け可能

 総合インテリアメーカーのトーソー(東京都中央区)は2022年9月より、室内物干し・収納バー「ハンギングバーH-2」を販売している。

 アルミ製で、天井に取り付けて使用する。幅は900~2780㎜、高さは170~600㎜まで選択でき、受注オーダーも可能だ。許容荷重は10㎏まで。

場所を選ばす設置できるのが魅力

場所を選ばす設置できるのが魅力

 特徴は主に三つ。一つ目は意匠性の高さだ。シンプルなデザインにすることで、どんなインテリアにも調和する。

 二つ目は、取り付け面の負担を軽減させる仕組み「ゆれピタ機能」。物がぶつかっても本体部分が揺れ、すぐに止まることで取り付け面に負荷がかかりにくい。

 三つ目は、取り付けできる下地の種類が豊富な点だ。軽量鉄骨や普通合板、角材・野縁、コンクリートに取り付けることができる。リフォームやリノベーションに適している。

 色はホワイトとブラックの2種類となる。セット価格は2万3870円(税込み)から。営業企画室販売促進課の南原一郎氏は「室内物干しとしての利用だけでなく、オープンクローゼットなどでも活用してほしい」と語る。

OSD、引っ越し会社の選定を代行

複数社に見積もり依頼

 新生活サポートサービスを手がけるOSD(東京都江東区)は2022年1月より、入居者に代わって引っ越し会社選びを代行する「引越マルシェ」を展開している。

引越マルシェのホームページ画像

引越マルシェのホームページ画像

 賃貸借契約後に管理会社が入居者に同サービスを紹介する。入居者の承認後、OSDが直接連絡をし、転居先の住所や引っ越し希望日、現居住地、荷物量、予算などをヒアリングする。OSDが提携する引っ越し会社のうち、入居者の要望に近い複数の会社に見積もりを依頼。最短で当日中に数社の見積もりを入居者に提示する。金額だけでなく、家電の運搬が得意などの各社の特徴も伝える。

 個人で引っ越し会社を探す際は、複数社との見積もりのやりとりに手間がかかるなど、さまざまな問題が発生する可能性がある。同社ではコンプライアンスに関する独自の規定を定め、引っ越し会社と提携している。信用が担保された会社の選定から、金額調整まで代行するため、引っ越し時の入居者の負担やトラブルの可能性を削減することができる。

 23年6月末時点で不動産会社を中心に約100社と提携。社員寮などの法人の転居にも対応する。毎月1000件以上の引っ越し相談がある。

(2023年7月10日11面に掲載)

おすすめ記事▶『賃貸住宅フェア2023 in 東京 出展者紹介』

検索

アクセスランキング

  1. 省エネ性能ラベル表示、開始

    国土交通省,リクルート,アットホーム,LIFULL(ライフル),大東建託グループ,積水ハウスグループ

  2. コロンビア・ワークス、「総資産1兆円へ」開発を加速【上場インタビュー】

    コロンビア・ワークス

  3. パナソニック、冷凍・冷蔵品用の宅配ボックス

    パナソニック

  4. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  5. リース 中道康徳社長 家賃債務保証システムで成長

    【企業研究vol.244】リース

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ