スターツ、20年3月決算 管理事業堅調

スターツコーポレーション

企業|2020年05月26日

  • twitter

 スターツコーポレーション(東京都中央区)は19日、2020年3月期決算を発表した。

ホテル・レジャー事業で20億円減見込む

 今期は、通期の営業利益・経常利益・純利益で前期比30%以上減の業績を見込む。同社は、新型コロナウイルス感染拡大の影響が第2四半期まで影響を受け、下半期から緩やかに回復基調になると想定。業績予想は、売上高1900億円(前期比9.1%減)、営業利益155億円(同35.2%減)、経常利益153億円(同36.6%減)、純利益100億円(同33.6%減)。

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 2020 人気設備ランキング発表

  2. ファイバーゲート、自社開発IoT製品、販売開始

    ファイバーゲート

  3. クレームの多い設備「ネット無料」「宅配BOX」が突出(人気設備ランキング番外編)

    PIM, 富士建設工業, I・S・E

  4. 日本宅配システム、非対面受け取り増加で需要拡大

    日本宅配システム

  5. 加瀬倉庫、半個室作れるパーテーション販売

    加瀬倉庫

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ