ブラックストーン・グループ、日本の賃貸住宅運用額約5600億円

ブラックストーン・グループ

企業|2021年06月06日

  • twitter

ブラックストーン・グループ 不動産部門日本代表 橘田大輔氏(45)

 全世界での不動産運用額が3780億ドル(約41兆円)を誇る世界的投資ファンド、ブラックストーン・グループ(以下、ブラックストーン:米ニューヨーク州)が日本での不動産投資に積極姿勢を見せている。その中でも注目しているのが賃貸住宅だ。日本での投資方針、グローバルな目線で見たときの日本不動産の魅力と課題について、ブラックストーン不動産部門日本代表の橘田大輔氏に聞いた。

取得に積極姿勢見せる

国内不動産全体の投資 20年は約6000億円

 ブラックストーンの日本不動産の運用額は約1兆円に及ぶ。2020年だけで約6000億円を投じており、3000億円や1100億円規模の大型案件をファンドなどから取得する動きが目立った。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. 火災保険利用の修繕、不正申請で逮捕者

    国民生活センター,保険ヴィレッジ,日本住宅保全協会

  2. 【事故物件】宅建業者の調査義務範囲明確化

    Martial Arts

  3. 既存住宅の付加価値を高める住宅設備特集

    Ai.Connect(アイコネクト), アクセルラボ, LiveSmart(リブスマート), ギガプライズ, 旭化成ホームズ, 森田アルミ工業, 新鋭

  4. 3.11から11年、帰還困難区域で初の賃貸住宅稼働へ

    双葉町, 双葉不動産

  5. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ