富士建設工業、3年間で空室80戸が半減

富士建設工業

企業|2020年02月13日

  • twitter

 管理戸数約4300戸の富士建設工業(埼玉県所沢市)は約3年前から、一括借り上げをする物件で、外注をしない一部の修繕に対し、費用を同社が負担して社内で施工している。

会社負担での修繕実施に成果

 同社は、マンションやアパートを自社で企画、販売し、サブリースで管理を受託する。住戸ごとに毎月空室期間を明確にし、100日以上の空室を「中長期空室物件」と位置づけて空室対策を強化。簡単な修繕であれば、外注せずに営業担当が行っている。例えば、窓の桟や風呂の入り口、ガスメーターボックスなどの塗装や、キッチンの表面の張り替えなどだ。

 その結果、約3年前は約80戸だった空室が半減。さらに20戸ほどあった「中長期空室」が、現在では10戸を下回っているという。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 【修繕費返還請求裁判】レオパレス勝訴

      レオパレス21

    2. コロナウイルス 宿泊大打撃

    3. 国土交通省、心理的瑕疵を考える

      国土交通省

    4. TATERU、19年12月期 最終赤字140億円

      TATERU

    5. 西成で起こる不動産バブル

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ