「賃貸管理の法制化」6月成立見通し

法律・制度|2020年03月18日

  • twitter

 本紙3月9日号でも掲載したように6日、「賃貸住宅の管理業務等の適正化に関する法律案」が閣議決定された。同法律案では、サブリース業者と家主間の賃貸借契約の適正化のための措置と、賃貸住宅管理業者の登録制度を新設しその業務の適正な運営の確保を目的としている。

サブリースに関する措置は12月に施行へ

 順調に行けば、同法案は6月に成立する見通し。サブリースに関する措置は12月、賃貸管理業者の登録制度は21年6月にそれぞれ施行される予定だ。

  • 検索
  • 賃貸住宅フェア2020

    会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

    アクセスランキング

    1. 家賃支援給付金「家主に行き届くことが大切」(自民党・木原誠二議員インタビュー)

    2. 全宅連、銀行の不動産業参入に反対

      公益社団法人全国宅地建物取引業協会連合会

    3. AMBITION、不動産テック事業を柱に

      AMBITION(アンビション)

    4. 家賃保証の現場 「家賃払えない」入居者対応に奔走

    5. 今、見直すべき!賃貸住宅のインターネット環境

    全国賃貸住宅新聞社の出版物

    • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
      賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

    • 展示会の出展先・来場先を探すための
      情報メディア

    全国賃貸住宅新聞社のデータベース

    • 賃貸経営の強い味方
      賃貸管理会社を探すならここから検索

    LINE@ 最新情報をラインでお届け
    • RSS
    • twitter

    ページトッップ