リース、家賃保証会社向けにAI審査を提供

リース

ニュース|2021年04月16日

  • twitter

 フリーランス向けの与信サービスを提供するリース(東京都新宿区)が、家賃債務保証会社に向けて、AIを活用した与信審査システムの提供を、今秋に開始する。入居申し込み情報、家賃の滞納履歴、電話料金の支払い履歴、SNSの投稿履歴といった数百万件に上るデータを学習したAIを利用して、賃貸住宅入居希望者の与信を審査するシステムだ。クラウド上のソフトウェアをインターネット経由で利用できるSaaS(サース)形式でサービスを提供するため、手軽に導入できる。

家賃や公共料金の支払い、SNSの投稿履歴から

 同社は家賃保証付きの部屋探しアプリ『smeta(スメタ)』を提供し、フリーランスやギグワーカーと呼ばれる働き方をする入居者の審査を、年間5000件程度行う。そこで得たデータを反映し、審査項目を増やすことで精度を高め、5%だった家賃滞納率を1年半で2%に低減した。

 中道康徳社長は、「家賃債務保証会社の多くは、リソースの多くを営業と督促に費やし、審査に割けていない。テクノロジーを活用すれば、人手を増やさず審査の精度を高められる。督促業務も減って、事業拡大に専念できるようになる」と話す。

 同社では、今回の審査システムを軸に、家賃債務保証業務をサポートするサービスの開発を進めており、順次提供を開始していく計画だ。

リース 中道康徳社長の写真

リース
東京都新宿区
中道康徳社長(37)

 

(4月12日3面に掲載)

おすすめ記事▶『リース、賃貸向け与信アプリ正式版リリース』

検索

会員限定 ランキングデータ 全賃だからわかる、日本全国各業者のランキング

アクセスランキング

  1. 【調査】管理士資格の取得状況①

    大東建託パートナーズ, アムス・インターナショナル, 長谷工ライブネット, 公益財団法人日本賃貸住宅管理協会

  2. 髙松建設、東京都心に新築賃貸マンション完成

    髙松建設

  3. 仲介・管理会社ノート 家主との関係構築術編⑤ ~前編~

    タキナミネクスト, アルカディア管財, アート不動産

  4. 重説書面の電子交付実現間近

    公益財団法人日本賃貸住宅管理協会, 湘南らいふ管理, 明和不動産

  5. グッドライフ、AIを活用した不動産買い取り開始

    グッドライフ

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ