三好不動産、在籍型出向制を10月から開始

三好不動産

企業|2021年11月10日

  • twitter

 管理戸数約3万9000戸の三好不動産(福岡市)は、新型コロナウイルス下において雇用が不安定な企業に対し、出向という形で従業員を受け入れる在籍型出向制度をグループ全体で10月から採用した。グループ会社でコールセンターを運営するプラスサムジャパン(福岡市)にて、旅行代理店から1人を受け入れた。首都圏でシェアハウス事業の展開も行う三好不動産では人手不足が予想されるため、引き続き在籍型出向以外の採用方法も含めて、グループ全体の10%の受け入れに向けた採用活動を進めていく。

全従業員の10%相当を受け入れへ

 在籍型出向とは、厚生労働省が管轄する産業雇用安定助成金制度に伴う仕組みだ。コロナ禍により影響を受けた企業が、在籍型出向により従業員の雇用を維持する目的がある。出向元と出向先の企業同士で出向契約を結ぶ。2社、もしくは一方に賃金などの金額の最大9割、1日あたり1万2000円を上限に助成される。企業同士のマッチングは、公益財団法人産業雇用センター(東京都江東区)が無料で行う。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『三好不動産、賃貸49棟で置き配に対応』

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. イノーヴ、表参道に猫共生型物件

    イノーヴ

  2. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  3. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  4. センチュリー21、加盟店向けに秋の戦略会議開催

    センチュリー21

  5. 請負契約【賃貸不動産経営管理士試験対策】

    【連載】2021年試験対策 賃貸不動産経営管理士

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ