ジェイエーアメニティハウス、新規家主への賃料査定を自動化

ジェイエーアメニティーハウス, スマサテ

ニュース|2021年11月15日

  • twitter

査定報告書のイメージ

 神奈川県内を中心に2万1000戸を管理するジェイエーアメニティーハウス(神奈川県厚木市)は11月15日、AIによる賃料査定サービス「スマサテ」を開発するスマサテ(東京都目黒区)と提携し、オリジナルの賃料査定の仕組みを構築したことを発表した。新規の管理受託営業に伴う賃料査定にAIを活用することで業務効率化を図ると共に、システム内で追客ができるようにし、管理受託率も高めていく。

スマサテと提携し、業務効率化推進

 今回の仕組みでは、同社の新規オーナーの物件情報などを「スマサテ」内に入力すると、査定を行う物件のリストが増えていき、そのリスト内で、管理受託提案の進捗(しんちょく)状況を確認することができるというものだ。ジェイエーアメニティーハウスの古谷田晃生取締役は「当社では年間で新築の賃貸住宅の管理が約500戸ペースで増えている。賃料査定の件数が多く、従業員の業務負担が大きいことが課題感としてあった」と話す。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

検索
管理戸数/仲介件数/人気設備/建築 賃貸市場ランキング

アクセスランキング

  1. イノーヴ、表参道に猫共生型物件

    イノーヴ

  2. 野村不動産、シェアハウス参入

    野村不動産ホールディングス,野村不動産

  3. 賃貸住宅市場とは ~データで読み解く市場構造と課題~

  4. センチュリー21、加盟店向けに秋の戦略会議開催

    センチュリー21

  5. 請負契約【賃貸不動産経営管理士試験対策】

    【連載】2021年試験対策 賃貸不動産経営管理士

全国賃貸住宅新聞社の出版物

  • 土地・建物の資産を最大限に活用するための
    賃貸不動産オーナー向け経営情報誌

  • 展示会の出展先・来場先を探すための
    情報メディア

全国賃貸住宅新聞社のデータベース

  • 賃貸経営の強い味方
    賃貸管理会社を探すならここから検索

  • RSS
  • twitter

ページトッップ