時間を節約する設備に高い需要

【連載】アメリカ不動産事情 第66回 賃貸物件の最新トレンド

投資|2019年12月02日

  • twitter

 ここ数年、大型アパート物件では入居者のニーズに呼応したトレンドが見られる。年明けから賃料規制が施行されるカリフォルニア州では賃借期間の長期化が予想される一方で、規制対象外となる都心の築浅大型アパートの人気は高い。そこでは高い賃料に見合う付加価値を提供することで収益拡大を狙う投資家の姿勢がうかがえる。

不動産テック・健康志向サービス・ペット同居生活

市場を席巻するミレニアル世代

 2010年以降は住宅価格の高騰で賃借族へと移行する中間所得層に加え、ジェネレーションG-XやG-Y世代が賃借人として参入することで新たなトレンドが生まれている。中でも新築物件が急増している米西海岸のアパート市場では「アメニティ競争」ともいわれ、大手開発業者は競って不動産テックに慣れ親しんだ賃借層をターゲットにあの手この手の共益設備の新設に余念がない。かつて賃貸市場では、最初に「家賃」次いで「立地」が重要といわれたが、最近はアメニティへの関心も高まり従来型の屋外ラウンジ、暖炉、キッチングリル、娯楽室から最近ではコンシェルジュ・サービスやフィットネス、全館インターネット設備、さらには犬専用公園(遊び場)などへの需要の変化がうかがえる。新規サービスが広がる一方で賃借人のニーズに呼応しない設備やサービスは消えている。直近の入居者への調査では、アメニティ・サービスで重要な点は日常生活で「時間の節約」につながることといった意見が多く聞かれる。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『住宅金利の上昇続く、8%目前』

検索

アクセスランキング

  1. リコージャパン、直感的操作でアプリ作成

    リコージャパン

  2. ファイバーゲート、再エネ 各住戸に供給【差別化戦略】

    ファイバーゲート

  3. 2024年賃貸仲介件数ランキング409社(1位~10位)

    2024年賃貸仲介件数ランキング

  4. 学生大手、申し込み堅調

    学生情報センター,共立メンテナンス,毎日コムネット

  5. 51%が管理物件の家賃値上げ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ