KACHIAL 髙橋幸一郎社長 管理8000戸、外国人向け事業強化

【企業研究vol.225】KACHIAL(カチアル),グローバルトラストネットワークス

インタビュー|2023年11月08日

  • twitter

KACHIAL 東京都新宿区 髙橋 幸一郎 社長(46)

 サブリースを行うKACHIAL(カチアル:東京都新宿区)は、東京23区を中心に約8000戸を管理する。賃貸管理に生産性向上の余地を見いだし、業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)を推進。利益率を重視した経営を目指す。部屋探しをする外国人ユーザーと物件をマッチングするサイトも運営。新たな収益の柱としていきたい考えだ。

売り上げ84億円に伸長 東京23区内中心に受託

―業績は好調ですね。

 2023年8月期の売上高は84億円と、前期比で6.8%の増収でした。経常利益は19.4%増の3億5800万円で着地しました。主軸はPM(賃貸管理)で、売り上げの83.2%を占めます。管理戸数は約8000戸。そのうち、サブリースが約5800戸、一般管理が約2000戸、そのほかが約200戸です。家賃の高い東京23区内を中心に、1都3県(東京、神奈川、埼玉、千葉)で管理を受託し、平均入居率はサブリースが97%、一般管理が96.9%(9月末時点)と高稼働を維持しています。オーナーは地主系を中心に1000人ほどいます。

―売り上げの伸長に寄与している事業は何でしょうか。

 23年8月期までの6年間で売り上げは20%増えました。事業別の比率では、管理の割合が6%下がり、インバウンド事業と売買・賃貸仲介事業が成長しています。16年から本格的にスタートしたインバウンド事業では、当社が借り上げた賃貸住宅を民泊として運営し、東京都・大阪府で39戸稼動しています。23年8月期の売上比率は2%ですが、利益は全体の4%を占めます。売買仲介は賃貸マンションを外国人投資家向けに仲介。賃貸仲介は、主に留学生に日本の賃貸住宅を紹介しています。

―成長事業の共通項は「外国人向けビジネス」といえそうです。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『ハウスリンクマネジメント 菅谷太一社長 賃貸建築・販売で売上高33億円』

検索

アクセスランキング

  1. 収益物件をバリューアップし再販、売上358億円

    エー・ディー・ワークス

  2. 収益不動産販売、7社増収

    GA technologies(ジーエーテクノロジーズ),FJネクストホールディングス,ランドネット,ミガロホールディングス,ADワークスグループ,グローバル・リンク・マネジメント,フェイスネットワーク,コーセーアールイー

  3. 武蔵小杉駅前不動産、年間賃貸仲介1550件に伸長【注目企業インタビュー】

    武蔵小杉駅前不動産

  4. 昭和町、長屋を武器にした店舗の誘致【空き家をめぐって】

    丸順不動産

  5. ハッチ・ワーク、駐車場管理をDX 売上20億円【上場インタビュー】

    ハッチ・ワーク

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ