いえらぶパーク 川口真弘社長 認知度向上で新規契約10倍に

【企業研究vol.226】いえらぶパーク,阪神高速サービス,岡山トヨペット

インタビュー|2023年11月14日

  • twitter

いえらぶパーク 東京都新宿区 川口 真弘 社長(39)

 多くの企業が深刻な人手不足に課題を抱える中、何かと煩雑な作業が多い月極駐車場の契約や管理業務を効率化したいと考える管理会社は少なくないだろう。いえらぶパーク(東京都新宿区)は、駐車場運営に関わる業務のDX(デジタルトランスフォーメーション)をサポートし、そのニーズに応えている。

駐車場関連業務BPOでサポート

―この11月でいえらぶパークの設立から2年がたちます。前身のパークリアルティからいえらぶGROUPに加わる形になりましたが、その経緯と現在の主な事業を教えてください。

 当社は、不動産業務システム「いえらぶCLOUD(クラウド)」を提供するいえらぶGROUPと、駐車場管理システム「QRsign」を運営するパークリアルティが共同出資で設立した合弁会社です。いえらぶGROUPとしては駐車場関連サービスの獲得を、パークリアルティとしては開発能力の向上とコールセンターの拡充をはじめとするCS(顧客満足度)の充実を目的に、お互いのニーズが合致して新会社の設立に至りました。

―川口社長は、パークリアルティ時代から駐車場サービスで実績を残されてきました。

 駐車場経営というのは、誰から借りるかよりも立地のほうが優先される商売です。そのため場所さえ供給できれば不動産業界の中でも参入障壁が低い領域だと感じたのが、起業のきっかけでした。そこから千葉県を皮切りに、全国で400カ所以上の駐車場を運営し、現在提供する「いえらぶ駐車場管理」の礎となる実務のノウハウを蓄えてきました。

―新会社設立の影響は、日頃の業務や主力サービスであるいえらぶ駐車場管理の契約数にも表れていますか。

 特に感じているのは、双方のエンジニアが合流したことで開発のスピードと質が格段に上がったことです。また、1万5000社以上の不動産会社を支援しているいえらぶGROUPの一員になったことで、サービスの認知度が大幅に上がりました。パークリアルティの頃に比べて月々の新規契約数が10倍に増え、これまでに駐車台数で10万台以上の登録数を獲得。これを2024年度までに50万台まで伸ばしたいと考えています。

―いえらぶ駐車場管理の強みを教えてください。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『いえらぶGROUP、インボイス制度理解に課題』

検索

アクセスランキング

  1. JCOM、月額制の防犯カメラで攻勢【注目企業に迫る】

    JCOM(ジェイコム)

  2. 繁忙期、成約件数は堅調

    山一地所,旭ハウジング

  3. 法人・一般好調も、学生は苦戦【2024年繁忙期総括】

    住まいの戸田,クラッシー・ホームズ,ホワイトホームズ,つばめ不動産,グッドフェイス,高山不動産,アルカディア管財,三好不動産,早川不動産,武蔵小杉駅前不動産

  4. 宅配ボックス補助金、申請受付

    国土交通省,ハッピーハウス

  5. アルデプロ、上場廃止

    アルデプロ

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ