新日本不動産、店舗移転で仲介件数28%増

新日本不動産

管理・仲介業|2024年01月23日

  • twitter

 管理戸数700戸の新日本不動産(宮城県石巻市)は、2023年の賃貸仲介件数(以下、仲介件数)を28%伸長させた。仲介件数を335件とし、前年比で96件増となった。店舗を移転したことや、広告を掲載する媒体を増やしたことなどが要因だ。

広告媒体を追加、出店も検討

 主な商圏は宮城県石巻市とその近郊で、店舗数は1店舗。賃貸仲介事業の人員数は3人で、内訳は営業スタッフ1人、パートスタッフが2人だ。会社全体の年間売上高1億1800万円のうち、賃貸仲介事業が30%ほどを占める。同事業の売り上げのうち、仲介手数料が7割、その他が3割となる。

 仲介件数を伸ばした理由の一つとして、22年10月に店舗を移転したことが挙げられる。千葉徳夫社長は「それまでは大通りから奥に入った場所に店舗があった。大通りに面した場所に移転し視認性が高まり、来店客が増えたと推測する」と話す。23年における来店客は月平均15組と、22年に比べて来店客数が3倍に増えた。

有料会員登録で記事全文がお読みいただけます

おすすめ記事▶『存在感示す新興ポータル【クローズアップ】』

検索

アクセスランキング

  1. 異次元の金融緩和が終了

    日本銀行

  2. 明和地所、創業45年 浦安市で3000戸管理【新社長インタビュー】

    明和地所

  3. タスキ/新日本建物、持ち株会社を設立【トップインタビュー】

    タスキホールディングス,タスキ,新日本建物

  4. 住友林業レジデンシャル 吉田浩社長 住林G、管理4万3744戸に伸長

    【企業研究vol.243】住友林業レジデンシャル

  5. ESTATE SYSTEM、IoTの導入推進でほぼ満室

    ESTATE SYSTEM(エステートシステム)

電子版のコンテンツ

サービス

発行物&メディア

  • 賃貸不動産業界の専門紙&ニュースポータル

  • 不動産所有者の経営に役立つ月刊専門誌

  • 家主と賃貸不動産業界のためのセミナー&展示会

  • 賃貸経営に役立つ商材紹介とライブインタビュー

  • 賃貸管理会社が家主に配る、コミュニケーション月刊紙

  • 賃貸不動産市場を数字で読み解く、データ&解説集

  • RSS
  • twitter

ページトッップ